新型コロナウィルス感染症の診療に関して、厚生労働省・医師会より、全国の医療機関に通達がありました。インフルエンザなど患者の鼻腔や咽頭からの検体の採取にあたり、マスク・ゴーグル・フェイスシールド・ガウン・手袋などの完全な予防策をとれない場合は、検査を行わないようにとの通達です。また、エアロゾルが発生する手技(鼻汁吸引・ネブライザー吸入)についても、しばらく中止させていただきます。病歴聞き取り・診察・血液検査などを含め、引き続き丁寧な診療を心がけていきたいと思います。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。